1965年1月18日
神奈川県南足柄市に生れ落ちる。
1974年
小田原市に引越す。野球選手になりたい。
1981年
ベースを買う。友達とバンド組む。ビートルズ好き。
1987年
KING BEESというバンドに入る。喫茶レストランで働く。
1988年
東京に出てみる。深夜勤務。
1991年
実家に帰ってみる。パン屋で運転手として働く。
1994年
シアターブルックを手伝った。
1995年
シアターブルックでプロになろうと誘われる。ちょっと悩む。結局入る。
1995年
マキシシングルの『CALM DOWN』をリリース。この後すぐにキーボードの若林君が脱退。メンバーは5人に。ライヴとレコーディングのサポートとして、個人的に古くからの知り合いであったエマーソン氏がレコード会社の担当から紹介された時は驚いた。
翌1996年に
ファーストアルバム『TALISMAN』発表。プロモーションヴィデオとジャケット撮影の為にメキシコを訪れたが、個人的にはこれが初めての海外。どうでもいいけど。
メキシコにロケ地が決まった理由は「夕日の美しい場所が良い」との事からだったが、こんな一言で一介の新人バンドがメキシコくんだりまで行けたとは、今思えばメーカーさんのご好意と業界全体のバブルの賜物か。それだけ期待が大きかったとも言えるな。
1997年には
セカンドアルバム『TROPOPAUSE』発表。ここまでドラムス担当のラッコちゃんこと三嶋君が脱退。メンバー4人にサポートド ラマーの沼澤尚氏を迎える。既に大忙しの人気ドラマーにダメもとでサポートをお願いしたところ、快く引き受けていただく。
アルバムの話に戻ると、これまたプロモーションヴィデオとジャケットは海外にて、返還直後の香港であった。何故、香港かというと、ヴィデオの監督を映像作家のクリストファー・ドイル氏に依頼したからで、同時に香港返還をバックにした1時間枠のテレビ番組にタイジ君がちょこっと出演する為でもあった。この香港滞在は様々なスケジュールが入り組んだ状態で行われた為、2週間ほどの滞在期間の間にタイジ君以外のメンバーにかなりの空き時間があった記憶が....ようは半分は香港観光していたっちゅうことか。ちなみにジャケット写真はドイル氏ではなく、前作と同じく写真家の大森克己氏。香港だけではなくマカオまで足を伸ばしたりした。
この後、上に記したテレビ番組の為のサントラ『TYPHOON SHELTER』を発表。
1998年には
与西君が脱退、3人組になった。この年アルバムは出さず。翌年発売予定のレコーディング三昧。代わりにではないが、シングルを2枚。
更にネタとしてはヴィデオ撮影に行った先の三宅島で足首骨折。その数週間後にアルバムのジャケット撮影にマウイ島に行く事が決まっており。当然の事ながら松葉杖で撮影となった。マウイの海もくすんで見える辛さよ....。
1999年
サードアルバム『VIRACOCHA』発表。
この年、自宅にPCを購入、勢い自分のホームページをスタート。デジタル生活に興味をもったらしい。しかし、かなりの不精者につきコラム等の更新滞る事多し。
2000年
ベスト盤を発表。選曲は桑原茂一氏。更にはライヴヴィデオも出す。この後、ヴィデオ撮影とジャケット撮影の為、アフリカのマダガスカルへ。いろんな意味で自然の力に圧倒させられた。(詳しくはVOICEの所を参照)そして4枚目の『I AM THE SPACE ,YOU ARE THE SUN』を発表。
2001年は
リリース無し。ライヴ活動と新作の準備に費やす。
2002年の
5枚目のシアターブルックのアルバムを発表予定、更に個人的な活動も始めるべく準備中。